トップページ シーサイドタウン内 中央公園 西浜公園  南芦屋浜 芦屋川 芦屋の山道

芦屋市内 周辺地域  樹木ウオッチング クローズアップ植物

季節の野草 野草ウォッチング   蝶のページ    野鳥のページ

芦屋市マップ  シーサイドタウンマップ 南芦屋浜マップ リンク


南芦屋浜  

マメグンバイナズナ(アブラナ科) 親水中央公園

最終更新日 2017/7/19


他の季節は下欄より選んでください


2017年7月

 7/19 親水中央公園の広場ではマメグンバイナズナの果実が一面に広がっていました。

 7/14 総合公園内のサンシュユに若い果実できていました。葉の裏面の脈腋には褐色の模様(毛叢)が目立っていました。

 7/11 総合公園でアカンサス緑色の果実が出来ていました。初めて見ました。

 7/9 総合公園(湾岸線高架下)ではハマボウの花がたくさん咲き出していました。

近くではシマトネリコの花序が大きくなってきました。シマトネリコ(両性花)の白い小さい花も撮影しました。

マメグンバイナズナ(アブラナ科)  親水中央公園 2017/7/19撮影

薄紅色の果実はへん平、円形、長さ2.5〜3mm。

 

サンシュユ(ミズキ科)  総合公園 2016/7/13撮影



葉の裏面の脈腋に

褐色の模様が目立っていました。

毛叢というそうです。




樹木ウォッチングサンシュユのページ

もご覧ください。

 

アカンサス(キツネノマゴ科)  総合公園 2017/7/11撮影


スッキリした緑色の果実できていました。

花の形は複雑そうでしたが・・・

 

アカンサス(キツネノマゴ科)  総合公園 2016/6/2撮影

花穂は 長さが60cmぐらいあり、それぞれの花は 上部は赤紫色したひさしのようながあり

下部は緑色で 刺の生えたあごのようながあり、それらの間から白〜淡いピンクのが見えます。

樹木ウォッチング ハマボウのページもご覧ください。

ハマボウ(アオイ科)   総合公園 2017/7/9撮影

朝開いて夕方しぼむ一日花

 

シマトネリコ(モクセイ科)   総合公園 2017/7/9撮影

葉腋から大型の円錐花序だして

小さい花を多数つけている。
葉は奇数羽状複葉

小葉は2〜4対
両性花。花冠は4裂し、裂片は線形。雄しべ2個。

2017年6月

6/18 総合公園ではアメリカデイゴの花が咲いていました。ユニークな花の形に驚いています。

6/7 潮芦屋浜の砂浜ではコウボウムギが一面に広がっていました。

アメリカデイゴ<別名カイコウズ>(マメ科) 総合公園 2017/6/19撮影

ユニークな形のアメリアデイゴの花。  果実(豆果)の画像は下に。

アメリカデイゴ(マメ科) 総合公園 2013/8/17撮影

   

アメリカデイゴ(マメ科) 総合公園 2007/10/18撮影

果実は豆果、長さは約10cm、さやの外側は褐色、内側は白っぽい。

種子はこげ茶色、長さ1.5cm長楕円形種子と種子の間はくびれている。

 

コウボウムギ(カヤツリグサ科)潮芦屋浜 2017/6/4撮影

雌雄異株で

下の写真は雄株
広がりを見せているコウボウムギの多くは雄株で
よく見れば少数の雌株が見られた。

こちらは雌株

2016年7月

7/18  総合公園では キク科のオオハンゴンソウ、すこし変わった色のヒマワリに出会いました。

7/4 園内ではワルナスビあちこちで繁茂しています。全草にトゲがあり、厄介者?でも薄紫色の花は涼しげで可憐です。

オオハンゴンソウ(キク科)総合公園 2016/7/18撮影

品種名 アラゲハンゴンソウ?

 

ヒマワリ(キク科)総合公園 2016/7/18撮影

品種名 ミラクルチョコレート

ヒマワリ(キク科)海洋町 2016/7/14撮影

 

ワルナスビ(ナス科)   総合公園 2016/7/4撮影


花枝は節の間から出て数個の花をつける。

花冠は径2.5cm、白色または淡紫色。

以前 見たワルナスビの果実はこちらに!

 

2016年6月

6/17  総合公園、陽光緑地ではガクアジサイが見ごろを迎えています。

6/10  総合公園のグランドの周囲はシロツメクサ(クローバー)の花が一面に咲き出して見事です。ミッキーマウスの木果実が黒く成熟してきました。

6/2 最近、あちこちでよく見かけるアカンサスという植物、この花はいったいどんな構造に?と気になるこのごろです。

ガクアジサイ(ユキノシタ科)総合公園 2016/6/17撮影
装飾花が美しいガクアジサイ、中心の小さい花は両性花。

 

シロツメクサ(マメ科) 総合公園 2016/6/10撮影
四つ葉のクローバーを見つけました。

以前に見た画像は下に。
シロツメクサ(マメ科) 総合公園 2011/6/10撮影
花は長さ9mmほど、たくさん集まって球形に

葉は3小葉で葉柄は長い。 四葉のクローバーを見つけました。
シロツメクサ  シロツメクサ 

 

ミッキーマウスの木(オクナ科)  総合公園 2016/6/10撮影
別名 オクナ セルラタ  学名 Ochna serrulata
赤い萼と黒く熟した果実 (ミッキーマウスの顔に見立てた)
ミッキーマウスの木(オクナ科)  総合公園 2016/5/19撮影
若い果実がたくさんみられました。
ミッキーマウスの木(オクナ科)  総合公園 2016/5/1撮影
 黄色い5個の花弁と黄色の雄しべが目立っていました。

 

アカンサス(キツネノマゴ科)  総合公園 2016/6/2撮影

花穂は 長さが60cmぐらいあり、それぞれの花は 上部は赤紫色したひさしのようながあり

下部は緑色で 刺の生えたあごのようながあり

それらの間から白〜淡いピンクのが見えます。


アカンサスの葉も非常に大きく ノコギリ葉の先端に刺がある。
上から花(白)、萼(赤紫色)、苞(刺のある緑色) こちらは上から萼(赤紫色)、花(白)、下部は苞(緑色)

2015年7月

7/31 真夏日が続くこの頃です。海洋町ではシマサルスベリの花が爽やかに咲いていました。

7/24 潮風大橋付近 (総合公園内)ではエンジュの花が咲き出していました。

7/20 親水中央公園ではホルトノキの花が咲きだしていました。

シマサルスベリ(ミソハギ科)  海洋町 2015/7/31撮影

枝先に円錐花序に白い花を多数つける。花序は長さ10cm〜30cm。

花は直径1.5cm、花弁は6個、ウチワ型。
サルスベリ(ミソハギ科) 親水中央公園 2012/8/5撮影

花は直径3〜4cm。

花弁は6個でうちわ形、ふちは縮れて波打っている。

雄しべは2形あり、外側の雄しべは長く、葯は紫色。内側の雄しべの葯は黄色。

サルスベリ  サルスベリ 

樹木ウォッチング エンジュのページもご覧ください。

エンジュ(マメ科) 総合公園 2015/7/24

7〜8月、枝先に約30cmの円錐花序を出し黄白色の蝶形花をつける。

樹木ウォッチング ホルトノキのページもご覧ください。

ホルトノキ(ホルトノキ科)   親水中央公園 2015/7/20撮影

葉腋に4〜7cmの総状花序を出し、白色の小さい花を15〜20個ほどつける。

花弁とガク片は5個、花弁の先糸状に裂けている。雄しべは多数、雌しべは1個。

2015年6月

6/29 海洋町の緑道の植え込みに朱色のアカバナルリハコベが一面に咲いていて実に見事!

6/21 総合公園ではコブシの果実が鈴なりに。

6/7 総合公園で 早くもネムノキの花が満開に。

アカバナルリハコベ(サクラソウ科)海洋町 2015/6/29撮影

アカバナルリハコベ(サクラソウ科) 海洋町 2015/5/18撮影

葉は対生、ときに3〜4枚ずつ輪生。

花冠は朱赤色で、径1cmほどで5裂。 雄しべ5本、雌しべ1本。

 

コブシ(モクレン科)総合公園 2015/6/21撮影

コブシの果実は袋果が集まった集合果。

樹木ウォッチング コブシのページはこちら!

 

ネムノキ(マメ科)総合公園 2015/6/7撮影
この辺りでは一番早く咲き出したネムノキの花

樹木ウォッチング ネムノキのページもご覧ください。

2014年7月

7/1 陽光町にあるマンションの庭ではマキバブラシノキ(別名カリステモン)赤い雄しべが目立っていました。

マキバブラシノキ(別名カリステモン)(フトモモ科) 陽光町 2014/7/1撮影
   

2014年6月

6/15 市内のあちらこちらでヤマモモの果実が色づいてきていました。

クローズアップ植物  ヤマモモのページもご覧ください。

ヤマモモ(ヤマモモ科) 陽光町 2014/6/15撮影
   

2013年7月

7/9 親水中央公園では炎天下の下でヒナギキョウがたくさん咲いていました。総合公園ではツユクサも。

ヒナギキョウ(キキョウ科)親水中央公園 2013/7/10撮影
たくさん咲き出して涼しげなヒナギキョウ

花冠は淡紫色で5裂

 

ツユクサ(ツユクサ科)総合公園 2013/7/10撮影

2013年6月

6/12 親水中央公園ではザクロの花が色鮮やかに咲きだしていました。

ザクロ(ザクロ科)親水中央公園 2013/6/12撮影
枝先に直径6cmほどの朱赤色の花を付ける。花弁は6個、薄くてしわがある。

萼は筒状で上部は6裂、肉質で光沢がある。

2016月

6/8  総合公園のビオトープの周囲にあるヒメガマが背が高くなり黄色い雄花穂がよく目立っていました。

ヒメガマ(ガマ科) ビオトープ(総合公園) 2012/6/8撮影

ヒメガマは雌の花穂の上に花のつかない部分があり、雄の花穂との間が離れている。

ベージュ色した雌穂の長さ6〜20cm、 黄色の雄穂の長さは10〜30cm。
ヒメガマ  ヒメガマ 

20116月

6/10  総合公園のグランドの周囲はシロツメクサ(クローバー)の花が、近くでアカバナユゲショウの花もたくさん咲き出していました。

アカバナユウゲショウ(アカバナ科) 総合公園 2011/6/10撮影

花は葉のわきに1こづつ付く。花弁4個、おしべ4、めしべ1、柱頭は4裂。
アカバナユウゲショウ  アカバナユウゲショウ 

20106月

6/24  ビオト−プ近くにあるスモモの木にたくさんの実が出来ていました。

6/12 ガクアジサイが咲き出してきました。

スモモ(バラ科) 総合公園 2010/6/24撮影
ここ数年のうちで いちばん多く実ったスモモの果実
スモモ  スモモ

20096月

6/23 総合公園内でオニグルミ若い果実が出来ているのに初めて気がつきました。 

樹木ウォッチング オニグルミのページを作りました。

オニグルミ(クルミ科) 

果実は核果状の堅果。長さ3〜4cmの卵球形。

6/19 陽光緑地や総合公園にはたくさんのクヌギの木(落葉高木)があります。

総合公園内でクヌギの赤ちゃんドングリ(若い堅果)を見ました。コナラの赤ちゃんドングリも。

クヌギの堅果(2年成り)

クヌギ(ブナ科) 総合公園 2009/6/19撮影

クヌギのドングリ(堅果)は2年成り

 

右写真は

昨年の春に受粉して

1年と2ヶ月ほど経た赤ちゃんドングリ

殻斗(おわん)は直径8mmほど。

クヌギ(ブナ科) 総合公園 2007/10/18撮影

受粉後1年半ほど経た成熟したドングリ

殻斗(おわん)に線形の鱗片がビッシリと付く

ドングリ(堅果)は直径2〜2.5cmの球形

こちらはコナラの堅果(1年成り)

コナラ(ブナ科) 総合公園 2009/6/19撮影

 親水中央公園 2007/11/3撮影

コナラは開花(受粉)し、

その年の秋に成熟する1年成りのドングリ

 

ドングリは長さ約2cmの長楕円形

おわん(殻斗)は深い杯型

その鱗片はうろこ状

20086月

6/20 総合公園で アーティチョーク(和名 チョウセンアザミ)の花が 咲いているのを初めて見ました。

サボテンを思わせる総苞片の内側で、アザミのような花が咲きだし、しかも頭花が非常に大きくて ビックリ!!

アーティチョーク(キク科) 和名チョウセンアザミ

総合公園 2008/6/20撮影

アザミ状の頭花をつける。

頭花は径10〜15cm。

淡紫色の筒状花を咲かせる。

 

総苞片の基部と花床部は食用となる。

2007年6月

6/21 ビオトープ付近でヒメコウゾ、スモモの実が色づいてきました。

メコウゾ(クワ科) 総合公園 2007/6/21撮影

スモモ(バラ科) 総合公園 2007/6/21撮影

 

ヒメコウゾの花の様子はこちら!

 

スモモの花、若い果実の様子はこちら!

6/10 親水中央公園ではヤブニッケイの花が咲いていました。 

ヤブニッケイ (クスノキ科) 

親水中央公園 2007/6/10撮影

ヤブニッケイ (クスノキ科) 果実

親水中央公園 2007/2/2撮影

淡黄緑色の小さい花散形状

数個づつ付いている。

花被は筒状で6裂する。

 

果実は秋に黒紫色に熟す。

果床は浅い杯形

2017月

7/27 総合公園ではエンジュの花がたくさん咲いていました。

7/2 総合公園ではマサキの白い花が咲き出していました。

南芦屋浜のスポーツ施設(涼風町)の広場ではハナハマセンブリのピンク色の花が一面に咲き出していました。

樹木ウォッチング エンジュのページもご覧ください。

樹木ウォッチング マサキのページもご覧ください。

マサキ(ニシキギ科)総合公園 2012/7/2

葉は楕円形で質が厚く、葉表は光沢があり、

葉の淵には浅いのこぎり歯がある。

花は直径約4mm、

花弁、がく片、雄しべは4個づつ。

マサキ  マサキ 

 

ハナハマセンブリ(リンドウ科) 涼風町 2012/7/2
いちめんに広がった

帰化植物のハナハマセンブリ
直径8oほどで

5裂したピンク色の花を多数つける
ハナハマセンブリ  ハナハマセンブリ 

20117月

7/29  エゴノキの実がブラーン、ブラーンと垂れ下がり、涼しげな様子でした。

7/3  総合公園ではナンキンハゼの花が咲き出し、7/8には雌花の子房が大きく膨らんできていました。 

樹木ウォッチング エゴノキのページもご覧ください。

エゴノキ(エゴノキ科) 総合公園 2011/7/29
灰白色で表面に星状毛が密生している

果皮が縦に割れて褐色の種子を出す

エゴノキ  エゴノキ 

樹木ウォッチング ナンキンハゼのページをご覧ください。 

ナンキンハゼ(トウダイグサ科)総合公園 2011/7/8撮影

総状花序の基部にやや大きめの数個の雌花をつけ、花柱は3個、子房が膨らんできました

ナンキンハゼ ナンキンハゼ
ナンキンハゼ(トウダイグサ科)総合公園 2011/7/3撮影

枝先に6〜18cmの総状花序をつけ黄色い小さい花を多数つける

ナンキンハゼ  ナンキンハゼ