トップページ シーサイドタウン内 中央公園 西浜公園  南芦屋浜 芦屋川 芦屋の山道

芦屋市内 周辺地域  樹木ウオッチング クローズアップ植物

季節の野草 野草ウォッチング   蝶のページ    野鳥のページ

芦屋市マップ  シーサイドタウンマップ 南芦屋浜マップ リンク


樹木ウォッチング


マサキ(ニシキギ科)

最終更新日 2008/1/12

芦屋シーサイドタウン内の中央緑道や南芦屋浜の総合公園には 常緑低木マサキが多く植えられています。

初夏に見る花は小さく目立ちませんが初冬に見る果実と種子は鮮やかです。

樹木ウォッチング 索引のページに戻る


花期(初夏

中央緑道 2003/6/5撮影

 は6、7月頃に葉腋から集散花序を出し、黄緑色または白緑色の花を7〜15個付ける。

は直径約4mm

花弁、がく片、雄しべは4個づつ。

 

 

楕円形で質が厚く、葉表は光沢があり、

葉の淵には浅いのこぎり歯がある。

 

 

中央緑道 2005/6/19撮影

果実期(秋〜冬

総合公園 2007/12/26撮影

総合公園 2007/1/1撮影

果実刮ハで直径6〜8mmの球形

晩秋〜初冬にかけて紅色に熟し、4裂する。

種子橙赤色の仮種皮に包まれて、

落ちずにぶら下る。