トップページ シーサイドタウン内 中央公園 西浜公園  南芦屋浜 芦屋川 芦屋の山道

芦屋市内 周辺地域  樹木ウオッチング クローズアップ植物

季節の野草 野草ウォッチング   蝶のページ    野鳥のページ

芦屋市マップ  シーサイドタウンマップ 南芦屋浜マップ リンク


樹木ウォッチング


オニグルミ(クルミ科)

総合公園内 オニグルミの果実

樹木ウォッチング 索引のページに戻る


オニグルミの葉

オニグルミの葉 総合公園 2009/6/23撮影

オニグルミの葉 総合公園 2009/6/19撮影

葉は互生。奇数羽状複葉で長さ40〜60cm。小葉は5〜9対つく。

小葉の長さは約10cm約幅4cmの楕円形。ほとんど無柄。先端は短く尖る。

オニグルミの花

オニグルミ(クルミ科) 総合公園 2010/4/26撮影

オニグルミは雌雄同株

雌花序は新枝の先に直立、赤い柱頭が目立っています。

雄花序は前年枝の葉腋から垂れ下がる。

オニグルミの果実 

若いオニグルミの果実 総合公園 2009/6/23撮影

果実は核果状の堅果

長さ3〜4cmの卵球形

成熟したオニグルミの果実 加西市 2008/10/18撮影

果実の外側は肥大した肉質の花床が堅果を包む。表面は褐色の毛が密生。

堅果は殻がかたくてなかなか割れない。中に種子(食べられるがある。

オニグルミの種子 

9月末、総合公園のオニグルミの果実が一つ落果していました。

自宅に持ち帰り、果実を割って中の種子を観察、その後食べてみました。

オニグルミの果実(果肉をはずした堅果 

自宅 2009/10/1撮影

オニグルミの種子  

自宅 2009/10/1撮影

やはり堅果の殻は非常に堅く、なかなか割れませんでした。

中に白い種子、脂肪の塊です。クルミの味でした。

オニグルミの葉痕 

総合公園 2007/1/8撮影

総合公園 2007/4/13撮影

総合公園 2007/4/13撮影

葉痕は特徴的な形で維管束痕がよく目立つ。

羊顔〜鹿顔のように見える。