トップページ シーサイドタウン内 中央公園 西浜公園  南芦屋浜 芦屋川 芦屋の山道

芦屋市内 周辺地域  樹木ウオッチング クローズアップ植物

季節の野草 野草ウォッチング   蝶のページ    野鳥のページ

芦屋市マップ  シーサイドタウンマップ 南芦屋浜マップ リンク


南芦屋浜  

サクラバラ科) 総合公園

最終更新日 2017/3/30


他の季節は下欄より選んでください


2017年3月 

3/30 総合公園ではサクラ(陽光)が咲きだしていました。

3/25 親水中央公園では今年もアーモンドの花が鮮やかに咲きだしていました。

3/15 総合公園ではサンシュユの花が咲きだしてきました。

3/5、3/8 親水中央公園のカンヒザクラのつぼみが膨らんできました。2,3日経て開花が一気に進んでいました。

サクラ(バラ科) 陽光(品種名) 総合公園 2017/3/30撮影

 

アーモンド(バラ科) 親水中央公園 2017/3/25撮影

樹木ウォッチング サンシュユのページをご覧ください。

サンシュユ(ミズキ科) 総合公園 2017/3/15撮影
短枝の先に直径2〜3cmの花序を出す。

花序の基部に総苞片が4個。

 

カンヒザクラ(バラ科) 親水中央公園 2017/3/8撮影
カンヒザクラ(バラ科) 親水中央公園 2017/3/5撮影

2016年3月 

3/20 総合公園ではスモモの花が満開に。

3/11 総合公園ではオオシマザクラの花が開花していました。冬の間よく咲いていたソシンロウバイに若い果実(偽果)が出来始めていました。

3/6 温かな日が続いています親水中央公園ではカンヒザクラ一斉に開花していました。

スモモ(バラ科)
花は直径1.5〜2cmで白色。花弁は5個.花柄は長さ約1.5cm。

総合公園 2016/3/20撮影

総合公園 2015/3/21撮影
スモモ若い果実 スモモ果実

総合公園 2007/5/16撮影

総合公園 2007/6/21撮影

 

オオシマザクラ(バラ科) 総合公園 2016/3/11撮影

園内で いち早く咲き出しているオオシマザクラ

 

ソシンロウバイ(ロウバイ科) 総合公園 2016/3/11撮影

花が終わと花床が大きくなり、小さい果実(偽果)が出来始めていました。

先端の雄しべが残っている。

ソシンロウバイ(ロウバイ科) 

総合公園 2016/1/4撮影  

ソシンロウバイ(ロウバイ科) 

総合公園 2007/5/16撮影
花の内側は黄色のソシンロウバイ 長さ3cmほどになった長卵形の偽果

 

2015年3月 

3/21 陽光緑地ではサクラ(エドヒガン)が咲き出していました。総合公園ではスモモの白い花が咲き誇っていました。

3/16 総合公園ではギンヨウアカシアも見ごろに。

3/4 総合公園ではジンチョウゲの花が満開に。

サクラ(バラ科) 陽光緑地 2015/3/21撮影

品種名 エドヒガン?

特徴: 萼筒が紅紫色で丸く膨らみ、上部がくびれた壺形

樹木ウォッチング ギンヨウアカシアのページもご覧ください。

ギンヨウアカシア(マメ科) 総合公園 2015/3/16撮影

枝先に黄金色の頭状花を総状に多数つけ、

花弁は小さく多数の雄シベが目立つ

 

ジンチョウゲ(ジンチョウゲ科) 総合公園 2015/3/4撮影

枝先に芳香のある花を頭状に多数つける。

花弁のように見えるのは萼筒。

萼筒は長さ約8mm、先は4裂し、外面は紅紫色、内面は白色。

2014年3月 

3/25 陽光緑地ではレンギョウの花が最盛期を迎えていました。

レンギョウ(モクセイ科) 陽光緑地 2014/3/25撮影
花冠は4深裂して裂片は幅は7〜10mmで

シナレンギョウ幅約5mmより大きい。花冠の筒部はやや橙色を帯びる。

2013年3月 

3/19 総合公園ではハクモクレンが美しく咲き誇っていました。薄桃色のシデコブシもきれいでした。

3/8 芦屋市総合公園 陸上競技場 周囲の芝生にはたくさんのホトケノザが咲き出していました。ビオトープ近くではツバキが美しく開花していました。

ハクモクレン(モクレン科) 総合公園 2013/3/19撮影

 

シデコブシ(モクレン科) 総合公園 2013/3/19撮影

 

セグロセキレイ 親水中央公園 2013/3/8撮影 ハクセキレイ 総合公園 2013/2/1撮影

 

ホトケノザ(シソ科) 総合公園 2013/3/8撮影

 

ヤブツバキ(ツバキ科) 総合公園 2013/3/8撮影

2009年3月 

3/17  3月も早や半ば 総合公園のビオトープではアシ、ガマ、フトイ、フリソデヤナギなど新芽を出していました。

フリソデヤナギ<別名:アカメヤナギ>(ヤナギ科) 総合公園 ビオトープ 2009/3/17撮影

赤い帽子状の芽鱗すっぽり脱げ落ちると絹毛に被われた花序が現れ、

そのあと 雄花の葯が目立っていました。

2008年3月 

3/2 総合公園北側ではトチノキの新芽が伸びだしてきていました。

トチノキ(トチノキ科) 
総合公園 2008/3/2撮影

総合公園 2006/4/21撮影

頂芽は大きい。芽鱗は樹脂でベトベトしている。

葉痕は傾卵形で大きい。維管束痕は5〜9個。
葉は掌状複葉

トチノキの果実 画像はこちら!

 

2006年3月 

3/24 総合公園内ではミツマタの花が見られました。

ミツマタ(ジンチョウゲ科) 総合公園 2006/3/24撮影

三股に枝分かれした先にたくさんの花序を付けています。花弁はなく、

ガク片鮮黄色、外面は絹毛におおわれています。

3/9 総合公園 グラウンドの生垣になっているボックスウッド(ツゲ科)の花が開き始めていました。

ボックスウッド(ツゲ科)総合公園 2008/3/9撮影
雌雄同株、葉腋に淡黄色の小さな花を束生 花序の中央に雌花1数個の雄花が周りを囲む。

おしべ4本が長く突き出ている。雌花柱頭は3個

1月の様子 冬の間は紅葉しているボックスウッド

総合公園 2006/1/24撮影

陽光町 2006/1/21撮影