トップページ シーサイドタウン内 中央公園 西浜公園  南芦屋浜 芦屋川 芦屋の山道

芦屋市内 周辺地域  樹木ウオッチング クローズアップ植物

季節の野草 野草ウォッチング   蝶のページ    野鳥のページ

芦屋市マップ  シーサイドタウンマップ 南芦屋浜マップ リンク


芦屋市内の植物  

芦屋霊園  朝日ヶ丘町 

最終更新日 2017/7/8

    


2017年7月 芦屋市内

7/8  芦屋霊園ではアカメガシワの雌花が大きく成長していました。

樹木ウォッチング アカメガシワのページもご覧ください。

アカメガシワ(トウダイグサ科)  芦屋霊園 2017/7/8撮影

雌雄別株。枝先に円錐花序を出す。
写真は雌花序。

アカメガシワ(トウダイグサ科)奥池付近) 2013/7/9撮影 

雄花序 多数の雄しべが球状に開く。
   

2017年6月 芦屋市内

6/15  今年もジャカランダの花が美しく咲きだしていました。

ジャカランダ(ノウゼンカズラ科)  南宮町 2017/6/15撮影

花はキリの花の様で、葉はネムノキの様。

ジャカランダ(ノウゼンカズラ科)  南宮町 2013/6/28撮影

花は円錐花序につく 葉は多くが2回羽状複葉

2013年7月 芦屋市内

7/5  今年1月芦屋神社 脇の公園でシャシャンボの木があり、ブルベリーのような果実が出来ていました。

その花が初夏に咲くようなので見に行きました。丁度シャシャンボの花が満開の時期を迎えていました。

シャシャンボ(ツツジ科)  東芦屋町 2013/7/5撮影

前年枝の葉腋から総状花序をだし、白色の花を下向きに多数つける。

名前の由来/丸い小さな実が多数つく様子を小さい坊や、「小小ん坊」と呼んだことの転化?
花は筒状の壺形で上部で5裂し、裂片は反り返る。
   

   

シャシャンボ(ツツジ科) 東芦屋町 2013/1/18撮影

果実は液果。直径5mmの球形。黒紫色で白い粉を被る。甘酸っぱく食べられる
葉表。主脈、側脈がはっきり見える。 樹皮は縦に細かく裂けて剥がれ落ち赤褐色に。
   

2013年6月 芦屋市内

6/28  松の内町では常緑樹のヒマラヤヤマボウシの花も見ました。

山手町では 別の常緑ヤマボウシにも出会いました。海洋町でも。

6/28 山手町では美しいノウゼンカズラ花にも出会いました。

ノウゼンカズラ(ノウゼンカズラ科) 山手町 2013/6/28撮影

枝先から垂れ下がった円錐花序に

橙赤色の大きな花をつけている。
   
アメリカノウゼンカズラ(ノウゼンカズラ科) 海洋町 2013/6/30撮影
花筒が長いアメリカノウゼンカズラ
   

 

ヒマラヤヤマボウシ(ミズキ科)  松の内町 2013/6/28撮影

常緑のヒマラヤヤマボウシ

ヤマボウシは落葉樹
   
ヤマボウシ(ミズキ科) 奥池 2011/6/8撮影
ヤマボウシ ヤマボウシ

こちらも常緑のヤマボウシ

ヤマボウシ(ミズキ科) 山手町 2013/6/28撮影
品種名 ホンコンエンシス メラトリカ(ガビザンヤマボウシ)?
ヤマボウシ(ミズキ科) 海洋町 2013/6/30撮影
花の数が非常に多い。品種名 ホンコンエンシス 月光?