トップページ シーサイドタウン内 中央公園 西浜公園  南芦屋浜 芦屋川 芦屋の山道

芦屋市内 周辺地域  樹木ウオッチング クローズアップ植物

季節の野草 野草ウォッチング   蝶のページ    野鳥のページ  

芦屋市マップ  シーサイドタウンマップ 南芦屋浜マップ リンク


樹木ウォッチング


サルスベリ(ミソハギ科)

サルスベリは西浜公園、中央緑道、親水中央公園に植えられています。 百日紅(ヒャクジッコウ)とも呼ばれて

花期は7月〜10月、文字どり百日近くにわたり咲き続ける。

枝先に円錐花序にピンク色、赤色、白色の花がある。 

樹木ウォッチング 索引のページに戻る


サルスベリの花 

サルスベリ(ミソハギ科) 親水中央公園 2012/8/5撮影
百日紅(ヒャクジッコウ)

花弁は6個でうちわ形、ふちは縮れて波打っている。

サルスベリ  サルスベリ 
サルスベリ(ミソハギ科)親水中央公園 2010/8/8撮影
雌しべ1 

ステッキのように上部で曲がっている
雄しべは2形あり、外側の雄しべは長く、葯は紫色。

内側の雄しべの葯は黄色。
ミソハギ

 

サルスベリの樹皮

サルスベリ(ミソハギ科) 中央緑道(緑町) 2019/9/29撮影
樹皮がはがれて、すべすべした木肌が現れる。
   

サルスベリの

サルスベリ(ミソハギ科) 中央緑道(緑町) 2019/9/29撮影
葉は対生と互生がまじる。

2個づつ交互に並ぶコクサギ型葉序。
葉柄はほとんどない。
 

サルスベリの果実

果実画像 挿入予定

サルスベリ(ミソハギ科)