トップページ シーサイドタウン内 中央公園 西浜公園  南芦屋浜 芦屋川 芦屋の山道

芦屋市内 周辺地域  樹木ウオッチング クローズアップ植物

季節の野草 野草ウォッチング   蝶のページ    野鳥のページ

芦屋市マップ  シーサイドタウンマップ 南芦屋浜マップ リンク


樹木ウォッチング


ユリノキ(モクレン科) 臨港線

ユリノキ

 臨港線の並木となっているユリノキ、5月ごろ、大きく成長した木には、チューリップのような花が咲いていました。8月ごろには果実が出来ていました。果実は翼果松かさ状に集まった集合果です。冬になって、果実の外側の翼果が残り、コップ状になっています。

樹木ウォッチング 索引のページに戻る


 一年の様子

花の様子

ユリノキ(モクレン科)

臨港線(若葉町) 2010/5/16撮影

 

5〜6月頃枝先にチューリップ状の花をつける。

花被片は9個。

外側の3個は緑白色のガク状でほぼ水平に広がる。

内側の6個は黄緑色の花弁状、基部はオレンジ色の斑紋がある。

 

雄しべは線状

雌しべは円錐形の花床に多数つく

 

ユリノキ
ユリノキ(モクレン科) 臨港線(若葉町) 2010/5/16撮影
ユリノキ ユリノキ

果実の様子1

ユリノキ(モクレン科)

臨港線(若葉町) 2007/9/11撮影

若い果実翼果が上向きに松かさ状に集まった集合果 

果実の様子2 

 ユリノキ(モクレン科) 臨港線 2007/1/4撮影

晩秋から初冬にかけて果実一番外側の翼果コップ状に残っています

ユリノキ(モクレン科) 臨港線 2010/1/13撮影

たくさんの翼果が残っている冬のユリノキ。5月の花期に多くの花を付けていたのだなーと驚く。

 樹形

ユリノキ(モクレン科) 

臨港線 2010/1/13撮影

樹形がよく分かる冬のユリノキ